読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

romiのアシスタント奔走記

25歳のromiが、ある日本美を極めた女性起業家のアシスタントとなり、日々奔走している中で、発見、学び、喜び、など小さな出来事から大きな出来事まで、ありのままを綴っていきます。

はじめまして、アシスタントになりました。〜part3〜

振り返り

 

こんばんは、romiです。

今日も、以前から応援している素敵な登山家の方の講演会に行ってきて、

清々しい気持ちでこのブログを打っています。

 

 

前回は、長い長い出会い編でした。

この出会いがなければ、このブログも今書いている自分はいないということ。

 

出会いって、本当に面白い。

 

皆さんもそう感じること、ありますよね。きっと。

人生を一瞬で変えてしまうような出会い。良くも悪くも。

 

でも、その出会いは、全て自分自身の行動から起こっているもの。

 

良くも悪くもするのも、自分次第ってことなんですね。ふむ。

 

 

さて、今回は前回の出会い編に引き続き、

アシスタントになるきっかけ編とでも名付けてみましょうか。

 

また拙い文章で長くなるかと思いますが、

最後までお付き合い願えたら、最近買った相棒MacBookproさんに喜びを綴っているかと。

 

 

出会ってから、、馴れ初め。

 

12月19日に”植村さん”と出会ってから、何度かLINEでのやり取りをしていましたが、

romi自身筆不精な性格もあり、年が明けてしばらく経つまで連絡を止めていました。

 

そんな中1月中旬、とある連絡を”植村さん”にしたことがきっかけで、

romiはちゃっかり”植村さん”にデートのお誘いをしました。

 

”植村さん”はすぐに快諾してくださり、1月末にお食事に行くことに。

 

そこから、始まったといっても過言ではないです。

 

 

場所はromiが働いているレストランにて。(保育士もちゃんとやっています)

 

熟成肉に舌鼓を打ちながら、話したことはありとあらゆるお話。

 

お互いの生い立ちや、趣味、今後のことについて、、など、

話は尽きる様子もなく、あっという間に終電の時間。

 

話していて一番驚いたことは、趣味から考え方までかなり似ていたこと。

 

小さいころからお洒落が大好きだったこと。

猫が大好きすぎて、匂いを嗅ぐポイントを決めているということ。

子どもが好きなこと。

お洒落と美はやはり譲れないこと。

和の文化が好きだということ。

今後の母親予備軍の方たちに対して、どのようなことをしていきたいのか。

 

 

ここでは書ききれないほど、共通点がありすぎました。

 

この時点で、romiはかなりの衝撃を受けています。

今まで25年間生きてきて、ここまで似ている人に出会ったことがないのですから。

嬉しいやら、恥ずかしいやら、たくさんの感情が渦巻いて、

もっともっと”植村さん”と関わってみたいと素直に感じました。

 

 

 

またもや、デートに、、。

 

そして2月初め、とある別の場での出会いでromiにベビーシッター事業に関わってみないか、

というお話をいただきました。これも驚きですよね。

 

そのお話をいただいて、まずromiの頭の中に思い浮かんだのが”植村さん”の存在。

 

すぐに”植村さん”に「話したいことがあるので、お会いしたいです!」と

またまたデートのお誘いをしました。

 

なんと、お誘いをした当日にお食事に行けることに。

これこそタイミング。間が良すぎて、セミナースタッフ中に声を上げて喜んだ記憶も。

 

 

その夜、”植村さん”にありのままを話しました。

ベビーシッター事業のお話をいただいていて、ぜひともやってみたい。

それには、”植村さん”が以前やっていたベビーシッター事業のアイデアをお借りしたい。

romi自身事業はやったことがないので、”植村さん”の経験も踏まえ、

アドバイスをしていただきたい。

 

 

自分自身でも、とんでもなく我儘なことを言っているなと思いました。

それでも、”植村さん”はすぐに快諾してくださりました。

「romiちゃんがそう言ってくれて嬉しい」

「romiちゃんのやりたいと思っていることは、全力で応援する」

「なんでもフォローするから、好きなようにやってみて」

 

 

その言葉に、涙が出そうでした。

 

自分を受け入れ、認め、背中を押してくださったこと、

おおきなおおきな愛に溢れていました。

 

 

そのおおきなおおきな愛に溢れた言葉をいただいて、

romiはゼロからでも、まずはやってみようと決断をしました。

(今になって言える話ですが、この事業の話は結果なくなってしまいましたがね。)

 

 

 

まとめ

 

ひとまず、きっかけ編1はこれにてお終いです。

 

あまりにも書きたいことが多くて、proさんを打つ手が止まらないので

また次回に分けることにしました。

次回もまた、お付き合いいただけたら嬉しい限りです。

 

 

proちゃんを買ってはや一週間。

ド派手なカバーも買って、大切に抱えて、日々を共にしています。

 

proちゃんのおかげで、このブログを綴ることができています。有難う。

 

 

写真は1月下旬の初めてのときのものです。

romi、緊張しております。

 

それではまた。

f:id:hiromijinko:20170326195945j:plain